HOME > 理事長挨拶 > 前理事長挨拶
 

理事長挨拶

 
丹生 健一理事長
 
丹生 健一理事長
(神戸大学大学院
医学研究科外科系講座耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野)

日本喉頭科学会理事長 丹生 健一

 日本喉頭科学会は、喉頭科学の進歩と発展に寄与することを目的とし、1988年に耳鼻咽喉科学関連の19名の教授が発起人となって設立準備を始めたことに端を発します。翌1989年(平成元年)に日本耳鼻咽喉科学会の分科会として正式に学会としての活動を開始し、“平成”の時代とともに生まれ・育ってきた学会です。設立から四半世紀を経て、約1000名を超える会員を有する学会となりました。
 喉頭は発声、呼吸、嚥下などに重要な役割を果たす臓器です。気道や食物路として生命維持に関わるとともに、「ヒト」が「人」として生きていく上で欠かすことのできない「音声によるコミュニケーション機能」を担っています。喉頭科学は、この臓器の構造と機能を解明し、喉頭炎,声帯結節、声帯ポリープ、声帯麻痺、乳頭腫、喉頭癌、痙攣性発声障害や過緊張性発声障害など様々な器質的疾患、機能性疾患に対する診断法や治療法の開発を手掛ける分野です。
 会員の研究成果や臨床経験は、毎年一度春に開催される喉頭科学会学術講演会において報告され、年2回発行する学会誌「喉頭」に掲載されます。国民の生活の質に対する意識が益々高まり、世界に類をみない高齢者社会を迎えた我が国では、本学会が社会に対する役割は益々高まっていくと考えられます。多くの方々が喉頭科学会に参画し、喉頭科学の発展に御協力くださることを願っています。